2018年10月4日木曜日

コンクールを聴いて感じた事

昨日はコンクールの審査をさせていただきました。

皆さんよく勉強されていて、関心いたしました。

本選ということで大変レベルが高かったのですが、その中でも全国大会に相応しい方を選ばなければならないため、

表現力(音色、間、品の良いテンポルバートや歌わせ方等)
音質(和音や左右のバランス、フォルテやピアノの音の質)
テクニックの安定
拍子感
曲をよく理解している(和声、強弱、休符、フレーズ、曲のまとめ方)
ペダル
時代に合った演奏が出来ているか

等を基準に点数をつけさせていただきました。

生徒さんも参考になさってください。

それ以外にプラスαがあった方に81点以上をつけさせていただきました。

その曲の時代背景や作曲家について調べずに、説得力のある演奏は出来ません。
練習も大切ですが、作曲家、時代背景、その曲のエピソード等を調べてから演奏してくださいね。



"音楽の森ピアノ教室"のLINE@はじめました!
不定期で教室の情報をお届けします。
1対1のメッセージも可能です。



 松戸・音楽の森ピアノ教室ホームページ



2 件のコメント:

  1. いつもブログを拝見しています。コンクールに出る機会はなかったのですが、子供の頃このようなことは全く教わる機会もなく、自分でもなんとなく弾いていただけでした。こちらのブログは勉強になります。

    返信削除
  2. コメントありがとうございます。
    今、コメントの投稿に気付き、返信が遅くなり失礼いたしました。

    いつもブログを見ていただいているとのこと、大変光栄です。
    これからもどうぞよろしくお願い致します。

    返信削除