2018年5月27日日曜日

コンクールを受けられる生徒さんへ

夏のコンクール予選が始まりました。

コンクール前のレッスンで、この子は通過するだろうな、この子はちょっと通るのが難しいだろうなということは大体わかりますので、多少厳しいことを言わなければならないこともあります。

そこで食らいついてくれる子、私から何かを得ようとしてくれる子は、そこからぐんと伸びますが、危機感を感じ取ってもらえない、本気度が低い子はなかなか結果に結び付かないと思います。

レッスンで注意を受けたら本気で直してください。私のレッスンは強いて言えばここを直すといい…ということはあまり言いません。

ここを直さないとコンクールに通ることはないというところをまず第一に伝えています。
保護者と生徒と指導者の3人4脚で本気で取り組まなければ、結果はついて来ません。

まず、一回一回のレッスンを大切に、注意されたところはその週のうちにちゃんと直すということを心掛けてください。

私がピアノを弾いている時は、技術を盗んでください。

まるで休憩タイムかのごとく聴いていない、他のことに意識が向いているという子、たまにいます。

上手になる子は、技術を盗むのも上手です。


音楽のアプローチ、これは色々あり正解はないのですが、コンクールでは趣味の良さが求められますので、私の意見も参考にしてください。一応、教室に来ている誰よりも耳は肥えているはずです。

テヌートは強く弾くという意味ではありません。その音を大切に、心を込めて弾いてください。

身体の揺らし方も、日本の子供達(若手ピアニストも含む)は大袈裟すぎる気がします。
あまり上下に揺れるとフレーズが切れてしまいますよ。
既に若手ではない中堅ピアニストの私から言わせていただきます。

音に影響が出ないならどれだけ動いても構いませんが、音に影響が出ているなら今後変える必要があると思います。

コンクールは苦労することも多いですがその分伸びますので、色々と経験を積んでくださいね。

私を成長させてくれたのもコンクールですから。
 
 松戸・音楽の森ピアノ教室ホームページhttp://pianojp.com/
 

0 件のコメント:

コメントを投稿