2014年4月8日火曜日

ソルフェージュレッスンは必要ですか?

よくあるご質問より

Q.ソルフェージュレッスンは必要ですか?


どうしてもしなければならないという事はありませんが、上達を望むなら是非ピアノレッスンとの併用をお勧めします。

日本では軽視されがちですが、世界ではソルフェージュレッスン無しにピアノを学ぶことはありえません。

ソルフェージュ能力があれば曲の仕上がりが早くなりますし、楽譜を深く読み取る力が付くので、演奏に深みが増します。

上級レベルの曲は、ソルフェージュ能力無しには弾きこなせません。
バッハは3~5つの声部を同時に弾き、声部ごとに音色を変えなければならないので、耳が良くなければ弾けませんし、ベートーヴェン、ショパン等、殆どの作曲家がバッハの多声音楽に多大なる影響を受けていますので、これらの作曲家の作品を弾きこなすには、ソルフェージュ能力が不可欠となります。
(ソルフェージュ能力のない人の演奏はすぐにわかります)


レッスン内容はメロディを聴いてノートに書き取る練習(旋律聴音)、和声聴音、リズム打ち(リズム聴音)、楽譜を読みドレミで歌う練習、音楽理論(楽典)等です。

聴覚が最も発達しやすい幼少の頃からレッスンしていくことが大切です。当教室では小学3年生からソルフェージュグループレッスンに参加されることをお勧めしております。

1日1クリックをお願いいたします↓



松戸・音楽の森ピアノ教室ホームページ
http://pianojp.com/